CASE STUDY
小売業界に向けオペレーション効率化機会損失削減をはかる

免税手続き効率化システム

増え続ける外国人観光客への対応
パスポートを読み込ませて免税手続き書類をセミセルフ発行
効率化と、待ち時間の短縮を実現

このような課題を解決します

昨今、増加し続けている訪日外国人観光客への対応のひとつとして、免税手続きがあります。
小売店でよくみられる免税処理は、普通の会計レジとは分けて設けられているものの、
処理は煩雑で待機列が混雑してしまうことが多く見られます。
もっとスムーズに処理する方法があるのではないかという点に着目し、免税手続き効率化システムの開発に着手しました。

できること

セルフで免税処理 免税処理オペレーション セルフで免税処理 免税処理オペレーション 従業員がレジ精算+免税処理 免税処理オペレーション 従業員がレジ精算+免税処理 免税処理オペレーション

上記活用のほか、免税レジ・セルフレジでは必要に応じて
端末にクレジットカードリーダーや商品スキャン用バーコードリーダーをセットできます。
免税機能がついていないセルフレジとしての活用も可能です。

システム案

在来は手間の掛かっていた免税販売も、店舗運営支援アプリケーション「Orange Operation」の
会計機能・免税販売機能を活用して簡単に実施できます。
商品購入時、免税販売ボタンを押してパスポートを読み込むだけで終わる簡単なオペレーション。
免税販売条件、消耗品、一般品などの混在した状況でも自動で判定を行うため、
実施上、免税販売と通常の販売時のオペレーションには違いがありません。

システム案 システム案

本ケーススタディのプロトタイプ

増え続ける外国人観光客の対応に。
免税手続きの効率化と、待ち時間の短縮ができます。

本ケーススタディのプロトタイプ 本ケーススタディのプロトタイプ

※本品はプロトタイプ品であり、製品ではありません。

本ケーススタディにご興味のある方へ

既存のアプリケーションへの組み込みや基幹システムと連携、その他ご要望に合わせて製作することが可能ですので、
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームから相談する

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-6432-0851
このエントリーをはてなブックマークに追加